いつも口があいているお子さんは要注意

こんにちは

あさくら歯科です。

 

最近は当院に診療に来ているお子さんの中にも、

いつも口があいている

という子が増えて来ています。

 

単なる癖だと思っていたら実は

口腔機能発達不全症だった

というケースも少なくはありませんから

お母さんは注意して見てあげてくださいね。

 

口腔機能発達不全症とは・・・

口腔機能発達不全症とは

舌を中心としたお口まわりの筋肉が

しっかり発育していない状態のことです。

 

口腔機能発達不全症になると

歯並びが悪くなったり

口呼吸を生じる原因にもなります。

 

特に口呼吸が悪化すると、

発達障害や成長障害の原因にもなります。

 

他にもこんな症状があります

✅歯と歯の間に隙間がない

✅噛んだ時、上の歯が被さり下の歯が見えない

✅食べるときに舌がちらちら見える

✅食べるのが遅い

✅柔らかいものしか食べたがらない

✅発音が舌足らず

✅いびきをかく

✅舌を出すと先が割れている

口腔機能発達不全症の予防は、

乳幼児期からの哺乳、離乳食の与え方が

とても重要になります。

 

当医院では、

マンツーマンでアドバイスできる

スタッフが常駐しておりますので、

お子さんにこのような症状が見受けられる場合は

当医院にお気軽にご相談くださいね。

 

ご相談はこちら

 

PS
あさくら歯科は、ひよこクラブの
「0歳からの口腔育成に取り組んでいる歯医者さんリスト113」に掲載されました

投稿者プロフィール

あさくら歯科スタッフ
あさくら歯科スタッフ
あさくら歯科が目指すのは「家族みんなで安心して通えるかかりつけの歯医者さん」
高度な専門性と技術力を兼ね備えながら、患者さんとのコミュニケーションを大切にできる歯科医院です

次の記事

2月日曜診療のご案内